読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤間カルの部屋

作者の日常がメインになりそうです(笑)だけど、でも毎回ではないけどキャラクターたちを登場させたいなと思っています。知ってるキャラや気が合いそうな方はコメントで!

更新しちゃったよ…クソぅ((

今日のキスは? - 2016年5月29日<br><br>

芥川龍之介 プレッシャーキス

今日は、付き合ってまだ3ヶ月の芥川さんと一緒にデートです。

さっそく会話が弾まない…。

「あの、芥川さんはどういう女性がタイプなんですかね?」

一応聞いてみる。

「…。気が利く奴がいれば良い。」

?早速よくわからなくて困る私。それって私じゃないじゃないですか。

何だか、悲しくなってきた。

おまけに雨まで降り始めるし。

みんなが、傘を差し出すなか、

私は雨に濡れたまま、

「芥川さんは私の事、どう思ってるんですか?私の事、嫌いなんですよね。」

芥川さんの瞳が大きく開いていて、驚いているのがよく分かる。

けれど、私が言っているのは事実だと思う。

だって、芥川さんは私なんかといても、楽しそうではない。

むしろ、部下の樋口さんと一緒の時の方が楽しそうだ。

私は駆け出した。

3ヶ月経っても、芥川さんの気持ちはわからない。

私から告白したけれど実際、断らなかったんじゃなくて、断れなかったのかもしれない。

本当は「本当は私の事なんて鼻から眼中にないんじゃないですか!」

誰にも届かない叫びがこだまする。

その時、私は雨に濡れていなかった。

「芥川、さん?」

瞬間抱きつかれて、どうしていいかわからなくなる。

「…。すまない。僕は凛子の事を傷つけたい訳ではない。」

「じゃあなんで、私にはなにも言ってくれないんですか。」

「凛子の事を大事にしたかったから…。だ。」

「え?」

「…。すまない。」

そのまま、私はキスをされてしまった。

何の変鉄もない普通のキス。

それでも、私にとっては、忘れられない、

ファーストキスだった。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐プレッシャーキスは普通のキスのことですね。

大変だな、主。

<br><a href="http://uranai.nosv.org/u.php/day/riorion0841/">[文豪ストレイドッグス]本日のキスは?</a> | <a href="http://uranai.nosv.org/">占い</a>

 

瞬間ね、やつがれさんって分かったらね、嬉しすぎで咳込んだよww

「ふぁっけほッけほ…ウェ((」

 的な??

 

ってか更新しちゃったよぉぉぉおおおお

もおおお▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂

 

ただのキチガイやんか!

 

はい。ほら、来週出るね、中也さん。出るね。

 

うん。これしか言う事ない・・・。

・・・ん?まてよ、林間でお金あまらせれば・・・

夏休みまでとっておけば!!!!

アニメイト本店&カラオケ行ける!!!!

Fooooooooooooooo!!!!

 

ごめんなさい、キチガイで。

ごめんなさい、呼んでくださった読者様。

あ、いないか((

 

キチガイ辞めたい。

けども頭ん中がもう時すでに遅し。

 

また、ね?うん、占ツクで文ストの占い見つけたのね。

そしたら、ラッキーキャラクターに、ね?

なんとッッ!!

芥川龍之介

 

「ふあ!?wwwwwww」

ってまた咳込みそうになったww

やばい、いつか芥川先輩に殺される、精神的な意味で。

いや、物理でも良い!!((

 

うん。おかしいね。じゃぁね。

今度こそ、また来週。